のりしろと脚注のはざま

のりしろとのびしろは似てるけどだいぶ違う

映画

歩いても歩いても

えー遅ればせながら、是枝裕和監督の「歩いても歩いても」を見ました。 これは非常に、一見淡々とした映画ですけれどもね、・・・・・深いです。こういう喩えはどうかと思うけど、もし向田邦子が生きていたならば見たかもしれないドラマ、・・・・でもそれは久世光彦…

ストーンズを観たいわい!

そ−いえば去年の暮れは11月末の永ちゃんから12月福岡でのGRAPEVINEライブ初参戦(奥田民生と対バン)、浜崎貴司カフェライブ、・・・ホントに充実してました。それに比べると今年はきわめて静かな年の瀬でございます。昨日「smaSTATION」の「月イチゴロー」…

ラスト、コーション

えー「風のガーデン」のラストを不満そうに論評してしまったワタクシですが、金曜10時「流星の絆」の最終回にはグッと来ました。あれって東野圭吾の原作とは犯人が違っていたようです(読んでません、すいません)が、良かったです、クドカンはやっぱいいで…

「ノーカントリー」「JUNO」

このところ、今年劇場で見逃した映画を精力的に(?)観ております。ええDVDで。もうね、どんだけ見逃してるねん!ってくらいに、TSUTAYAの棚には観たかったあの映画、この映画がきっちり箱入りになって並んでるわけよ、もうねもうね、あれもこれもとイソイソワタワタ、…

「ヤング@ハート」など映画3本

今日は試写会で「ヤング@ハート」って映画を観たんですが、これがまぁー本当ォ〜に面白かったんです。米国に実在するロック・コーラスグループに6週間密着したドキュメンタリーなんですが、もうね〜感動しました。笑って泣いて。登場するおじいさん、おば…

今さら「CASSHERN」でゴメン。

もうね、4年も前の映画だからさ、それにいろんな論評も出尽くしてるでしょうしー、監督の紀里谷氏と宇多田ヒカルは離婚してしまったし(映画とは特に関係ないけど)、もう私が今さら何のかんの書くことないんだよねー、きっと。・・・でもやっぱ書くーwwこれ…

「たみおのしあわせ」を観た(ややネタばれ?!)

昨日仕事が早く終わったんで、映画見て帰ろうと思い立ち、・・・・ええ水曜はレディースデーで1000円なのでね。とりあえず、見たい映画はけっこうこの時期いろいろあるんです、「おくりびと」「パコと魔法の絵本」「歩いても歩いても」「百万円と苦虫女」・・・・っ…

映画「Colors」を観る

私の最近のお気に入りミュージシャン、大橋トリオこと大橋好規が音楽を担当してる映画「Colors」のDVDが何と地元TSUTAYAにあったんです。Colors/カラーズ デラックス版 [DVD]出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント発売日: 2007/08/24メディ…

夏が終わるね毎度のことだけど。

24時間テレビを見るともなく見つつ、何となくこんな時間になっておりました。今回のランナーはエド・はるみ。私、日曜劇場の「Tomorrow」ってドラマでのエドさんの看護師長役がとってもいいので、彼女はもう特に芸人やらなくて女優になっていってもいいんじ…

「自虐の詩」

何度も言いますが、堤幸彦監督のファンです。 今日本で一番忙しい映画監督でしょう。「まぼろしの邪馬台国」(東映系'08.11.1公開)の前に、いよいよあの話題作「20世紀少年 第一章」(東宝系'08.8.30公開)が公開されます。邦画史上最高額の制作費を費やす…

「潜水服は蝶の夢を見る」

映画館で予告見た時からもちろん気になっていたんですけど、つい見そびれ(って、コレばっかりですね私)、ようやくDVD出て今日見ることが出来ました。 ていうか、まーあの、ブログには過去何度か書きましたが、私の父親、10年くらい前にALSって難病で亡く…

「人のセックスを笑うな」をようやく見ました

さっきまでDVD見ていたんですけどね、「ピューッと吹くジャガー」・・・・アレはもォ〜なんつーか、要潤のビジュアル以上に特に拾うものがなかった・・・・・。「人のセックスを笑うな」・・・・これは面白く見ました。 ドラマ「四つの嘘」で絶好調の永作ちゃんはここでも…

今日見つけたもの

浅野忠信の兄、ドラマーのKUJUNがプロデュースしたアルバム、COME ON PEOPLE「PM21:00~AM2:00」アーティスト: オムニバス,Sekine Masayuki,ZERO,poodles,Delico,Novo Tempo,Tickles,Kloop,コウサカワタル,KUJUN,Haponica出版社/メーカー: SPACE SHOWER MUSIC…

映画評ではないのですが

相米慎二監督の「風花」をようやくDVDで観ました。2001年公開の、相米監督の遺作ってことになります。相米監督の映画はほぼ全部みていると思うんですが、この作品は何となく見逃していました。何となく手が伸びなかったんですね。相米監督とは、むかーし、2…

クボヅカ、映画に出てくれ、もっと!

今さらですけど、窪塚洋介主演、2002年の公開映画「Laundry(ランドリー)」 を見たんです。 んもォ〜〜〜、感動しました。 すんごく淡々としてるんだけど、 ものすごく、いい! もう、泣いた泣いた!「ゆれる」「虹の女神」と並ぶ、号泣三部作!(独断) 窪塚…

スズキとマチャアキ

仕事が少々一段落しまして、今日はDVDで「クワイエットルームにようこそ」を観ました。松尾スズキ監督作品です。 いや〜、面白かった! やはりですね、内田有紀は吉岡くんと結婚して家庭に引っ込んでちゃイカン人でした。ものすごく巧いです。そんでもってキ…

「EUREKA(ユリイカ)」も面白かったね。

「サッド ヴァケイション」「Helpless」ときて、ようやく「EUREKA(ユリイカ)」を観たのでございます。今から約8年前の作品で、青山真治監督作品の中では最も評価の高い作品で、海外でもたくさんの賞を受賞してます。 何つっても上映時間217分! 長かった。…

「やわらかい手」の伝説の女神

映画の話が続きますが、今回は「やわらかい手」。 悪友からメールが来て「『やわらかい手』観た方がいいよ、詳しくは言わないけど。割引券あげる。今週末までだよ!」と熱くプッシュするのです。 前評判は聞いておりましたし、是非観たいとは思っていたけど…

ヘルプレスなサッド ヴァケイション

後追いがワタシの宿命なのか、単にリアルタイムに観る努力を怠ってるだけなのか、・・・・DVDで見逃していた映画を集中的に観て、時間の空白を埋めようと躍起になる今日この頃です。あ、なるべく「新作」で借りるよーにしてますよ。旧作になるのを待ったりはしま…

「大停電の夜」をようやく見る

物語もいよいよ佳境に入った木曜ドラマ「鹿男あをによし」、・・・・・ああ、ワタクシ、ついにガマン出来ず原作を読み始め、ドラマの進行を追い抜いて、ついに結末まで読み切ってしまいました。ああこれって最もやってはイケナイ禁じ手ではなかろうか?(だってガ…

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」と言われて何と答える?

最近にわかに私の中で盛り上がっているTHE BACK HORN、実は、3/15(土)に、ぬぁーんと、福岡でLIVEがあるのでございます! この辺りの、私の中の運命的な偶然に、まったくも〜震えが来ますねぇ(ま、あの、ホントにたまたまなんだと思うけどね (^^;)) …

松田龍平にハズレなし。

昨夜、映画「アヒルと鴨とコインロッカー」のDVDを観て、今夜、ドラマ「あしたの喜多善男(副題:略)」を観て、まったくもォ〜、松田龍平って何ていいんだろう、って思った。ま、今さら言わなくても松田龍平はずっと良かったんだと思う、はいNHKの「ハゲタ…

オスカーナイトな朝(日本時間)です。

先週の、GRAPEVINEとSuperflyのジョイントLIVE、見たかったわホントに。GRAPEVINEは今さら言うまでもないですけどSuperflyも近来稀に見る実力派新人でライブパフォーマンスもすごかったらしい。 最近はネット上に公開されてるライブ評からセットリスト拾わせ…

生きるってどういうこと、アルフィー?

アルフィー、つっても高見沢さんは出てきませんよ、念のため。 そうそう、映画の「アルフィー」ですよ。 ワタシはジュード・ロウ主演のリメイク版(2005)が好きです。「アルフィー」って言いますと1967年にマイケル・ケイン主演で作られております。はい、バ…

「いのちの食べ方」を見た。

※ちょっと手抜きですが、mixiからの転載+加筆です。はい、これを観るとワンシーズン もつ鍋が食べられなくなると評判の映画 「いのちの食べ方」をついに観ました。 平日だというのに席は6割がた埋まり、 この手の映画にしてはかなりの盛況ぶり。 ちなみに…

あまり観たくない映画を観てしまった。

あぁーーーーー観てしまったよ、不可抗力あるいはデキゴコロ。 とはいえ自分でDVD借りてきてるんだから、観る気がなかったわけではないんだけど(なんじゃソレは!)。未だに原作、持ってるけど途中で頓挫したまま。月9のドラマ化も当時見ることなく、今や…

「天然コケッコー」「キサラギ」を見た。

新作DVDをまとめ借りしました。どれも劇場で見るつもりで見逃していた映画ばかり。 まずは「天然コケッコー」。 まーワタクシ、つい最近まで「天然コケコッコー」と思い込んでたようなヤツなんで、ましてや、くらもちふさこの原作も読んでないので、いろんな…

こわれゆく世界の中で

さて年末借りたDVD4枚の中で、素晴らしく良かったのが、昨日見た、ジュード・ロウ主演「こわれゆく世界の中で」。 それにしても「こわれゆく世界の中で」って邦題、どうなのー? ジュリア・ロバーツ主演「愛がこわれるとき」を筆頭に「こわれ」系のタイトル…

「バベル」を見ないで年は越せなかった!

クリスマスが自分の中で大イベントではなくなった今日この頃(黄昏?)、今時分というのは年内の仕事は終了、さりとて、おせちの準備にはまだ早い、大掃除にもエンジンかからず、年賀状にもまだ取りかかれず、という非常に中途半端な谷間の時期(って、グー…

薄いvs濃い、きれいvsそうでない、映画の話

今日は邦画の話を少し。先々週でしたか「めがね」を見ました。 「かもめ食堂」って映画が好きで、DVDも買ったくらいなんで、同じ荻上直子監督の新作、期待に胸膨らませて観ましたよ。しかし正直「かもめ食堂」ほどには楽しめませんでした。 ここからはネタバ…