のりしろと脚注のはざま

のりしろとのびしろは似てるけどだいぶ違う

地球はナゼ丸いのか考えてみたり

「誰も端っこで泣かないように神様は地球を丸くしたんだよ」
とムスコが言った時、まーたぶんどこかで拾った受け売りのセリフだとは思ったけど、うまいこと言うなー我がムスコ、と感心したのでした。


「誰も隅っこで泣かないように」。
・・・・地球が丸い理由っていうと、我々以上の年代だと、


「僕から逃げようったってムダだよ、
 逃げれば逃げるほど僕に近づくってワケ、
 だって地球は丸いんだもん♪」


っていう、トシ坊こと江木俊夫のセリフで有名な往年のヒット曲
「地球はひとつ」(byフォーリーブス)が思い出されるわけですが、「逃げれば逃げるほど僕に近づくってワケ」なんて、好きな人ならともかく、まったく脈ナシの人に言われたら、そりゃーもう恐怖です、ストーカー!と叫ぶかも。
幸か不幸か最近そんなようなこと言われる場面に遭遇しませんけど(謙遜ですよ)。


それにしても「誰も隅っこで泣かないように」ですよ。
スゴイじゃないですか。


しかしコレ、武田鉄矢あたりがフォークの調べに乗せて歌いそうな歌詞でもあったりして、いえ、それがイケナイわけではないんですが、こーゆー大ぶりな比喩表現ってのは、オヤジのウンチクっぽい空気感もはらんでいるので、非常にキケンでもあるのです、何がキケンって、私の中の価値基準なので深い意味はありません。


で、このセリフの出自がついに明らかになる時が来てしまったのです(大げさです)。


これは、RADWIMPSというバンドの、「有心論」という歌の一説。
RADWIMPS/歌詞:有心論/うたまっぷ歌詞無料検索



「誰も隅っこで泣かないようにと、君は地球を丸くしたんだろう?
 だから君に会えないと僕は、隅っこ探して 泣く 泣く」


っていう歌詞が、何とも多彩な構成を持ったメロディに乗って繰り出された日にゃ、いい歳の私も隅っこ探して 泣く、泣く、ですよー。


スゴイです、RADWIMPS


メンバーは全員、ハタチをちょっと越えたくらい。
本人達が意図的にか、事務所、レコード会社の意向か、テレビに基本的に出ないようです。Mステとか「うたばん」には絶対(先のことはわからないけど)出ない、てか、出てほしくないッ!


ヴォーカル野田君は帰国子女で英語も堪能なので、海外進出も夢ではないかもしれません。が、まー、それはともかく、この言葉のセンス、好きだなー。これからもいい感じで育っていってほしいですRADWIMPS。応援し続けます。