のりしろと脚注のはざま

のりしろとのびしろは似てるけどだいぶ違う

iTunesビンボーに陥りかねません。

今日のB.G.M.はRon Sexsmithです。セクスミスと読みます(一応ね)。
カナダの歌う郵便配達員と呼ばれた男。二度ベルを鳴らしたかどうかは定かではありません。

Whereabouts

Whereabouts

昨日書きました「書生・田中和将の“とんと、ご無沙汰”」でバイン田中が(気安いなアタシ)絶賛していたのでiTunesで試聴してダウンロードました。
ええ、発売当時はまったくノーマーク。
・・・いいですねコレ。「Right About Now」って曲が特に好きです。「癒やされる」ってフレーズが最近大嫌いな私ですが、まあそういったカテゴリーで語られそうなマッタリした歌声、アコギの調べ。
秋の夜長に聞きたいですね。
昨年発売のこちらも買ってみたいと思っております。5年の時を経て、サウンドも若干あか抜けちゃった感あり。しかしジャケ写真、何でこんなにスネた表情なんでしょう?
タイム・ビーイング

タイム・ビーイング

近ごろは、これまであまり聴いたことのないCDを探して、iTunesであれこれ試聴するのを楽しみにしております。何て言うんでしょう、もうね、ヒットチャートに乗ってくるような曲や、放っといても売れるような人達は、この際いいんです、私は。あくまでも自分尺度でですが「こういうの、あったんですねー」「こーゆー人が、いたんですねー」と思える楽曲に巡り合うことが近ごろの悦びです。
って、あくまでも私にとって、ですので、フツーに順調に音楽活動してるミュージシャン達をあたかも「発見した」ような口調で語っていたとしても、どうか大目に見て下さいませ。そろそろ、秋向きのB.G.M.が欲しくなってきましたね。