のりしろと脚注のはざま

のりしろとのびしろは似てるけどだいぶ違う

MCUワンマンライブツアー初日、私見。

MCU初のワンマンツアー初日、福岡Drum Be-1、参戦しました!
・・・うーむ、ちょっと拍子抜けするくらい、動員キビシかったですね。
100人弱くらいだったでしょうか。6時過ぎ、ライブハウスに着いた時、そこは正面が長浜公園なんですけど、木陰にパラパラと人々が並ぶでもなく佇んでいて、正直、戸惑いました。 最近プレイガイドでチケット買ったという知人が整理番号80だったと聞いて、ちょっと耳を疑っていたのですが、うーむ、ナゼだろう? 我が地元ならともかく、ここは動員力ある福岡。それなのに。ゲストの浜ちゃんも時折2階の窓から下の様子を窺っていましたね。

私の近くにいた、初対面らしい女の子同士の会話。
MCUのやさしいバラードが大好きなんです」
「ああ、私も! 胸がキュンとしますよね、ヒップホップなのに」
・・・・ヒップホップなのに。
なるほどねぇ。MCUのファンって、いかにもブラザーな感じのお兄さん達(変だろ、この表現w)よりむしろ、ナイーヴな、いわゆるセツナ系ヒップホップが好きな人達なのかもしれませんね。私も多分にそうですけども。比べてはアレですが、いえ、私はあくまでもMCUの方が好きですが、KREVAZEPP FUKUOKAで2Days LIVE敢行しちゃうことを思うと何だか微妙な気持ち。

ライブが始まり、・・・MCUくんも始め客席の温度の低さに戸惑ってる感じ。

始まって早々のMCで「ここで突然ですが皆さんに告知があります。9月20日、福岡Be-1で初のワンマンライブやります、皆さん是非来て下さい!」と言って深々と頭を下げたMCU
・・・うう、切ない。切なすぎる。念押しすることもないと思いますが、わかりますか、今日がその9月20日、福岡Be-1なんですから。それをあえて言ったMCUの気持ち。・・・・みんな、盛り上げよう! 盛り上がろう! 右腕上げよう! 歌おう! 叫ぼう!

とはいえMCUの巧みな誘導で徐々に昂揚してきた会場内。いい人だーMCU。ステキだー。でもBe-1、音がツライ〜!

さて暖まってきた場内の気温が、さらに10℃ばかり上がった気がしたのは、我らが“アニキ”浜崎貴司が登場してから。

浜ちゃん、初ワンマンライブのMCUのため、盛り上げてましたー、
やっぱアニキです。男気の人です。 踊りにも相当リキ入ってました。
たぶんいつもより余計に叫び、ステップ踏んでたはず(推測)。

本日のセトリ、MCUくんのソロは他で見ていただくとして浜ちゃん共演部分は、

1サーブライダー (マツリルカ
2ラブリルカ(“ホモリルカ”ver.)
3幸せであるように feat. MCU


ともあれ個人的にはすごく昂揚したし、楽しいライブでした。

非常に練られた、MCUらしい、いいライブだっただけに、動員少なかったのがかえすがえすも残念です。
この後、大阪・東京会場のライブに行かれる方、大いに盛り上がって下さい!