のりしろと脚注のはざま

のりしろとのびしろは似てるけどだいぶ違う

亀田父子の明日は五里霧中。。。

あ〜〜ぁ、ご覧になりましたか亀田親子の謝罪(?)会見。
亀田大毅、一度も顔上げることなく、関係者いわく「なにぶん未成年で今回の件で衝撃を受けており」ってことで早々に退場。
まぁ、会見に出てきた大毅選手は頭を丸め、いたいけな小動物みたいな顔していて、少々カワイソウにも見えたけど、・・・しかし、しかしですよ、「なにぶん未成年」なのにあれだけテレビで言いたい放題していた子なんですから、ホントに反省してるのなら頭ぐらい下げる勇気はあってほしいし、何か言い分があるなら言えっちゅーの。
ココロの整理がついてないって言うなら、イヤイヤ出てくることなかったのに。

史郎父ちゃんがまた反省の弁を口にしながらも、言葉の始まりが常に「とりあえず・・・」であるところを見ると、彼の思いは「こうなったからにはしゃーないからとりあえず」であることは明白。反省はするが、今後も自分達のスタイルを変えるつもりはない、ということですがどこを反省し、どういったスタイルを今後も維持するのかがよくワカラン。その前に、「ワシはどうなってもいい、しかしムスコの将来が心配」って言うなら、戦意喪失、茫然自失のムスコを、あんな中途半端な見苦しいカタチで引っ張り出さなきゃいいのに。

何かもー親子揃ってヘタこいちゃった感が漂うわけですが、これってアレですか? 金平会長が謝罪会見を急ぎすぎたんでしょうか?
無様な試合に続き、何とも不細工な会見しちゃって、亀田大毅はこんなふうでまた闘えるようになるんだろうか?という危惧さえ生まれてしまいました。朝青龍、安倍元首相に続き温泉療養ですかねぇ。