のりしろと脚注のはざま

のりしろとのびしろは似てるけどだいぶ違う

ブリリアントな巻き毛

横綱の稽古総見のニュースで、朝青龍白鵬の取り組みを見た後の、横綱審議委員会の皆様のインタビュー。

委員の1人、内舘牧子さんは、
「私の中で、もうあの方(朝青龍)は引退なさった方ですから」
といった、一貫した辛口コメントで、すっかり朝青龍の天敵になってしまったわけですが、朝青龍の順調な快復ぶり(?)を受けて是非とも内舘氏のコメントを取りたいマスコミが今日も追いすがります。

最近ちょっとバッシング受け気味の内舘氏、なるべくなら早々に報道陣を交わしたい、無難にやり過ごしたいという気持ちの表れか、もみくちゃになりつつ視線落とし気味。
それでも「私は現役中心に見ておりますので」とまぁー朝青龍は既にアウトオブ眼中とおっしゃりたいようでございます。

ところでその際に、彼女の去っていく背中を捉えたカメラが、あの、栗色の、特徴ある(ありすぎる!)巻き毛の間から覗く黒い襟足を映し出したのです。

ああ、あの宝塚のよーな巻き毛は、カツラだったのですね。
ちょっと前の、ショートヘアの方がまだ知的な感じがしたのですけど。
私個人的には、内舘氏の朝青龍に対する当初の怒りはもっともだろうと思いますし、彼女が相撲を愛する者として、未だかつてない女性の立場で奮闘なさっていることは十分理解できますが、今のあのヘアスタイルは、朝青龍が復調するにつれ、どんどんヒールなキャラになっていく内舘さんの、特殊な扮装のように見えてしまうのです。