読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりしろと脚注のはざま

のりしろとのびしろは似てるけどだいぶ違う

「かっこいい父親」と息子に言われる幸せ

夕方、2人の息子さんの記者会見がありました。緒形さんの死因は「肝臓癌による肝臓破裂」とのことです。
既に8年前から闘病中だったとか。ご家族には「仕事関係者に病気のことは絶対言うな」と口止めなさっていたそうです。

それにしても、途中降板でも撮影半ばでの急逝でもなく、長丁場のドラマ、おそらくは「遺作」にふさわしかろう倉本ドラマを演じきり、誰にも迷惑をかけずにスパッと亡くなった緒形さんはすごいです。もう見事と言うしかないです。
もちろん71歳という年齢は今の時代には早すぎる死だし、もっともっと生きて、映画、ドラマで活躍してほしかったし、緒形さん自身ももっともっと演じたかったでしょうが、病のため肉体的に限界があった以上、役者として最高の幕引きであったと言えると思います。

次男の緒形直人さんが会見で、
「もう私たち家族、ここ数日ずっと泣きじゃくっていまして。・・・・あまりにもでかい存在だったので、・・・・本当にかっこいい、あったかい男でした」
と語っていましたね。
亡くなってからこんなふうに息子に言ってもらえるって父親としてこんな幸せなことはないですよね。