のりしろと脚注のはざま

のりしろとのびしろは似てるけどだいぶ違う

とりとめなくドラマの話

もォ〜ずいぶんと 日記の更新を怠っておるのです。
ま、何かのシバリがあるわけではないので「怠ってる」と認識するこたァないよーな気もするわけですが、なんかこう「放置してる」感が我が身を攻め立てます(大げさです、誇張表現です)。
最近ちょっくら仕事が立て込んでおりますもので、めぼしい連ドラは予約録画にしてるわけですが、あまりに溜まりすぎてハードディスクがいっぱいになっちまうわけです。で、面白くないドラマはどんどん淘汰され、今じゃ録ってるのはアベちゃんの「白い春」と稲森いずみの「アイシテル〜海容〜」だけになりました。
キムタクのドラマも何だかハマれず、あんなに期待したオダギリジョーの「ぼくの妹」がまぁーものすごいコケっぷりで、いやーオダギリに長澤まさみ揃えてもこんなことになるのか、と。いや長澤まさみって、どーなん?最近。「ラストフレンズ」での、女を敵に回すキャラがすっかり定着しちゃった感が。彼女は地がこーゆー人なのか?? 
大御所・池端俊策さんの脚本もひどくないですか、しかし。当初の思わせぶりな千原ジュニアのコワモテキャラが、こんな薄っぺらい話に帰結すると誰が予想したでしょう? ともさかりえは、このドラマにとって一体何だったのでしょう? オダギリ演じる「兄」は、「妹」以外愛せない男なんでしょうか? 流されて流されて流され続けて一向に自分がない男の独白。・・・もういっそのこと近親恋愛的な問題作にしちゃったらどうですか?
などとブツクサ言いながら一応オンタイムで見てるんですけどね「ぼくの妹」だけは。「白い春」と「アイシテル」は録画で溜めてるのに。コレはどうしたことでしょう? (ま、単に日曜9時という時間帯のせい)

月9といいアレといいコレといい、今季のドラマはけっこう苦戦してるものが多いようで。ギャラの高いスタァ揃えてお金かけてドラマ作っても視聴率が底打つ状況だとキツイよね。今後さらに不況が続くとドラマ枠もさらに減っていくのかも。
そんな中届いた江口洋介の交通事故のニュース。全治2ヵ月だって。7月7日から「救急病棟24時」新シリーズ始まるってのに。もう撮り始めてるらしいのにね。大変ですね関係者の皆さん。人気ドラマだし代役立てるのはありえないと思う。キムタクばりにドラマの開始時期をずらす、っていうのはアリかもしれませんけどね。