のりしろと脚注のはざま

のりしろとのびしろは似てるけどだいぶ違う

大橋トリオ@福岡イムズホール

というわけで、行ってまいりましたー!
イムズホールでライブ見るの初めてだったんですけどー、 ななななんと、さほど広くはないホールの中央にステージが! そうさな、高さ15cmくらいのステージ、 それを 360°グルリと観客が囲む形。

近ッ!!!

その先頭、柵に張りつく最前列ど真ん中に陣取ったワレワレ。
うっひゃー、こりゃースゲー! なんてラッキー!!!!!!

わくわくして大橋トリオの登場を待つワレワレ。

出てきたッ!!!!! おおおおおおおおおはしとりお〜!!!!!

はいはい、もーワタクシ最前列ど真ん中ですから誰よりも近いです! 大橋トリオが目の前!!!!!



・・・・・・ただし、後ろ姿。(-_-)


そうだったかー、向こうが正面だったかー・・・・・・


ま、しかし、距離的には一番近い位置(ワレワレの声が容易に届くくらいの)。 で、めったにない、歌うミュージシャンの背中が見られるという、貴重な体験!

まー元々ワタクシ裏方ですしー、舞台ソデから見てるスタッフ気分ですわよ。

ワレワレと舞台の間の、ちょっとしたスペースではローディーの細マッチョなお兄さんが次の演奏に使うギターのチューニングなどを行っており、その辺も興味深くチラ見しつつ、お兄さんの作業台に置かれたセットリストの紙で曲目は随時チェックしつつ、とゆー恵まれた立ち位置ww
(あの紙、欲しかったなぁ。今じゃ一向に曲順覚えてないww )

で、肝心の大橋トリオですけどー、素晴らしかったですー。
ま、あの、曲間のMCとか、照れがあるのかぎこちないんですけど、まーそれもお人柄でしょうか。元々作る方の人で、前へ前へ出ようってキャラじゃない人だし。

ま、ギター持って歌う大橋さんの、シャツにプリントされた鳥の絵と、細身のお尻ばかり見ることになった私ですが、唯一、ピアノ弾き語りでバラード歌う時は真正面ですよww チョー特等席

もう大満足でしたが、チラ見したセットリストによれば、実は2回目のアンコールで泣かせ曲の「Shine」をピアノの弾き語りで歌うことになっており、横に「状況次第」と書いてありましたの。

結局、ホールの時間的な問題なのか2回目のアンコールはなく(終演BGMが流れ始めたのでね)、珠玉の「Shine」は聴けませんでした(泪
明日(日付変わって土曜)は地元・熊本で、同じセットリストでLIVEが行われるのですが、ワタクシ、こちらには行けません。(-_-)

熊本では「Shine」歌ってくれるといいですね。 私は行けませんけど。(-_-)
天気がいいといいですね。屋根のない屋上LIVEですけど。(-_-)