のりしろと脚注のはざま

のりしろとのびしろは似てるけどだいぶ違う

GRAPEVINE in 福岡

先月10日の熊本に続き、待望の福岡LIVEでございます!
お隣の県なのに日程が離れててツアー全体で見れば前半(熊本)と後半(福岡)。これは本当にありがたいです。バインはツアーが進んでいく過程でセットリストの曲順や曲目が変化していくバンドですからね、今回再び熟成されたLIVEを観られて嬉しい限りです。

いやーしかし、今回のセトリは殊の外シブかった! 前回、バイン田中氏とキイボード高野氏によるPermanentsで話題を呼んだ(私の中ではね)「ポートレート」を今回はバンド編成で。名曲だわ。エバーグリーンだわ。マスターピースだわ。何とも切ないミディアムテンポの曲ですが、高野さんはピアニカ吹いたりキイボード叩いたり、ものすごく忙しそうでした。サングラスにウェービーヘアのお姿は往年のおフレンチポップ、ミッシェル・ポルナレフのよう(歳がバレる喩え)。

んで今日のPermanentsの演目はといえば3枚目のアルバム「Here」から「ダイヤグラム」と、あの泣かせる佳曲「会いにいく」。・・・これがもォ〜、うまいんだわ泣かすんだわバイン田中!
田中氏は昨今どんどん歌がうまくなってます。今日などはノドの調子はとびきり良かったわけじゃない気がしましたが、それでもシャウトする曲もバラードも本当にスバラシイ。ってそんな月並みな。でもしょーがない、スバラシイ以外言葉が見つかりません(エロい、くらいの讃辞も入れとこう)。

11月14日はギターの西川さんの40才の誕生日で、アンコールではステージ上に「西川さん40才おめでとう」の垂れ幕も登場して場内は一気に祝賀ムード。西川さん照れながらも嬉しそうでした。西川さんの、髪型とかファッションとかどうでもいいんや、オレがカッコいいのはギター弾いてる時やし、とか言いそうな(言わんやろ!)佇まいがいいですよねぇ〜。バインの人はみんな魅力的。軸足がしっかりしてる印象。ええ実際誰が好きだったって今年一番好きだったのは間違いなくGRAPEVINEですとも!

◆11/14福岡セットリスト◆
Twang
Pity on the boulevard
NOS
ポートレート
Rew
SUN
Vex
hiatus
She comes(in colors)
Turd and swine

ダイヤグラム(パーマネンツ)
会いにいく(パーマネンツ)

新曲
Darlin' from hell
Afterwards
FLY
ジュブナイル
疾走
それを魔法と呼ぶのなら
小宇宙
指先
CORE
フラクタル

〈アンコール〉
超える

ふれていたい ・・・・・・・全26曲! 本当にすごい。


あーこれで今年のLIVE参戦はとりあえず終了(かな?)。いろんなLIVEに行けて今年も幸せでした。もちろ県外(国外もな)行けなかったものの方が多いわけですが、まぁーとりあえず自分的に押さえるべきところは押さえました。多少こぼれたところはまた来年ということで。