のりしろと脚注のはざま

のりしろとのびしろは似てるけどだいぶ違う

大橋トリオ プレミアム・ソロ・ライブ 熊本公演

たまにしか書かないプレミアムな日記でございます、ふふ。大橋トリオのソロライブ、しかも我が地元で行われたわけですから書きませんとね、とりあえず。
去年、福岡・アンジェ教会での大橋ヒトリオはチケットが獲れず行けませんでした。満を持して対峙する今回のソロライブ、ぬぁーんと整理番号は4番5番! ちなみに2番3番の福岡から来た女の子に聞いたら、私と同じく先行予約の朝10時きっかりに予約メール送ったそうです。やっぱ“早さ”は重要なのかも。
ま、そんなわけで何の苦もなく、走りもせず追い抜きもせず、最前列センターポジションいただきー! すいません、皆さんホントにすいませーん!

ソロライブが行われたのは総合結婚式場であるマリエール神水苑の地階のホール。ステージにグランドピアノと12弦ギターのみ。そこに黒いマントの大橋トリオ氏登場。近い。ちょっと気恥ずかしいほど近い。
ピアノの弾き語りはもちろん例によって素晴らしいわけですが今回はトリオ氏のアグレッシブなギターに魅了されましたねぇ。12弦ギターの多彩で華やかな音色とリズムが気持ち良かったなぁー。

セトリは例によって覚えられませんでしたが確実に演奏したのは真ん中付近は順不同でザッとこんな感じ(数曲抜けているはず)。
トリドリ
THE MUSIC AROUND ME
SHINE
贈る言葉
そんなことがすてきです。
A BIRD
Winterland
HAPPY TRAIL
BAUMKUGHEN
HONEY
生まれた日

贈る言葉」の前フリでは先日のスマスマ出演の件にちょっとだけ触れていましたが、「え、トリオは伴奏だけ?」「もっと大橋トリオに歌わせろ!」ってけっこうな騒ぎになったのをトリオ氏本人もご存じだった模様。「皆さんの熱い思いがネット上に、バーッと・・・(苦笑)」・・・・でもスマスマ出演自体はいろんな意味で楽しかったとか。

大橋トリオは曲もいいけどトリオ氏自身のキャラや見た目が好きって人も多いことでしょう。周囲から「かわいい♪」って声が何度も聞こえました、実際かわいいです、ええ。こんな人が恋人なら、夫なら、と思う妙齢の女性も多いでしょう。「ダンナさんにしたいミュージシャンNo.1」に推したいところです(え?)。

バンドもいいけどこういうソロもいいなぁー。・・・・5月14日には再びツアーで来熊! 次回は「トリオ2(=トリオトリオ)」ってことで3人編成。ドラム神谷洵平さんと、あと1人は誰かしら。先行予約当たるといいんだがなぁ。

余談ですが今日のライブの導入とエンディングに流れたルーファス・ウエインライト「Hallelujah」、いい曲だな。