のりしろと脚注のはざま

のりしろとのびしろは似てるけどだいぶ違う

「悲しくてやりきれない」が胸に染みたね

f:id:kankan1022:20170222064400j:image

いつも書き出しと最後につけるタイトルに手こずる。それがブログのメンドくさいとこですね。

 

私がエビゾーなら敬礼の写真で何とかなりますけど。

 

叶姉妹ならオッパイかお尻出しますけど。

 

何もウリがありません。

 

ま、そんなに読者もいませんし、何も気負うことはありません。

 

お尻までも出す必要も需要もありません。

 

ちっ。


最近の嬉しい(恥ずかしい)ニュースと言えば、

大橋トリオの新譜に特典として付いていたLIVEドキュメントDVDに、めっちゃ映ってた(笑)。

 

f:id:kankan1022:20170222011600j:image

 

嬉しそうすぎる私。

いやもう嬉しい楽しい時間だったでしょう。

 

震災直後でしたけれどもね。

 

この後の、サプライズ的な「悲しくてやりきれない」の歌唱でオーディエンスほぼ全員号泣でしたけれどもね。

 

あの時は、みんな泣きたかったんだよ。

 

やっと泣けたんだよね。

 

でもそーゆーの、
「悲しみに寄り添う」とか言わないでよ。

 

なんか最近(いや元々)、言葉にビンカンです。


「気づき」とか「学び」とか言わないで。
いや言うのは勝手ですが、私は言わない。

 

安っぽいから。

 

「たくさんの気づきがあった」
とか言ったり書いたりすることで、何かできたような気持ちになってる人、多くないですか。

 

だいたい「気づき」て何ですか。

 

「気づいたことがたくさんありました」
ではどーしていかんのですか。

 

「気づきがありました」
「学びがありました」

 

なーんか尤もらしいけど、

嘘くさくないですか。

 

何に気づいたか言えよ。
何を学んだか言えよ。

 

と、誰にともなくツッコんでみたりするチマタの小姑でございます。

 

気づきがあった、なんて言うやつは、デザートのガトーショコラ俯瞰で撮ってインスタにあげてろ。

f:id:kankan1022:20170222011516j:image

カフェオレ俯瞰で撮っとけ、っていう小藪さんのパクリです。