のりしろと脚注のはざま

のりしろとのびしろは似てるけどだいぶ違う

弔うようにやさしい大橋トリオのバラードが

慌ただしい。

 

慌ただしさが、老猫の急逝の悲しみ、喪失感を忘れさせてくれるかと。

 

ところがだ。

 

愛猫を弔った後に行った大橋トリオ熊本公演@熊本県立劇場演劇ホール。

 

バラードがしみたね。

 

ここで歌われる「君」は、前日死んだ老猫で、
バラードに合わせ スローモーションで走ってくるのな。元気な頃の走りでこちらへむかってくるのな。

 

悲しい。

本当に悲しかった。

 

最後まで生きることを諦めなかった22歳。

もう猫ではなく猫又だったかも。
f:id:kankan1022:20170626222049j:image

焼いた骨が、本当に美しくて。


(係りの人が分類して並べてきてくれる)


衝撃的だったが、人の場合もそうだが焼き場で出てきた骨を見ると、喉のあたりにわだかまってたものがストンと落ちる気がする。


「このヒトは、本当に行って(逝って)しまったんだな」と実感できる。


ペルの場合も同じ。

ちゃんと22年生きた強靭さが感じられた。

 

ひとり残った娘猫、

やはり元気がない(ような感じがする)。