のりしろと脚注のはざま

のりしろとのびしろは似てるけどだいぶ違う

ちょっと無理めな感じが習い性になっていて

f:id:kankan1022:20170905013355j:image
慌ただしい。

基本、来る仕事は断らない主義なんだが、


にしても、

ちょっと受けすぎてるかもしれん。


〆切に遅れるようなことはない。むしろ巻いてるんだけどね。

 

「もっと稼ぎたい」と「もっと遊びたい」の、ちょうどいいキワキワを攻めていかないとね。

 

いかんせん物件の単価が安すぎる。

 

こないだ、番組のPが、

「ヨシムラさんみたいに単価が決まってる人は安心なんですよね〜、えーと、ミニ番組だと1本いくらでしたっけ?」

なんて言うから、思わず、

「私は自分で単価決めた覚えはありません。今の額で納得はしてません」

って言ってやりましたけど、ま、彼は決裁権のあるPではないのでまるっと受け流されました。

 

働けど働けどですよ。

 

じっと手を見る。

 

ロケは楽しい。

 

でもロケから帰ると疲れてる。

 

疲れてるけど、別件のオフライン編集とか、台本書きをしなければならない。

 

そしてまた疲れたまま、別件のロケに出る。

 

で、疲れて帰ってまたオフライン、


…みたいな。

 


いかんやろ。

カローシパターンやないか?

 


隙を見てマッサージやら、かかりつけ医通いやら、たまに映画など見てガス抜きするとか、怠りなくやってるから何とか凌いでる。


無理しないように、というのは無理だけど、

にしても、


もう受けてはならん。

何なら単価上げろとゴリ押ししてやるぞ。


f:id:kankan1022:20170905013311j:image

ロイヤルバレエ団を突如辞めた、セルゲイ・ポルーニンの気持ちがよくわかる。

 

好きだけどいろいろメンドくさいし疲れるし、だけどやっぱり大好きでやめられない、って話だよね。すごい雑に言うと。

 

いい映画だった。
何よりポルーニン美しい。

 

私も自分のやり方で踊っていくよ〜。