読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりしろと脚注のはざま

のりしろとのびしろは似てるけどだいぶ違う

既にもうお寒いですね

最近地元のギョーカイでは経費削減なのか(それ以外の理由はないような気がするが)、多くの番組が「リニューアル」と称してタレントを排除し始めています。代わりに局アナが番組を担当するわけですが、何てーの? ボケやツッコミを自分の業務と思ってない局アナが、手練手管の「こなし」が出来るわけもなく、当然、番組のテンションは激落ち。先輩アナと後輩アナの組み合わせで番組やってごらんなさい、「○○ですよね?」と先輩が言えば後輩はそう思ってなくても「そうですね」と同調するしかないじゃん?みたいな、組織の力関係さえ垣間見えるわけです。
で、実際、こうした不況のあおりで局アナの皆さんは今ものすごく過酷な労働を強いられてるんですよね。ニュースも読み、ナレーションも録り、取材先ではディレクター業務もし、旅もののロケにも赴き、試写会などイベントの司会もし、と。

これってローカル局だからかしらん、と思っていたら、いえいえキイ局も似た状況。一例として、まー「世界まる見え」から楠田枝里子さんが降板し、代わりに西尾アナが登場したのは、楠田さんの高額ギャラとか若干の老いとか、西尾アナの国民的人気とか、理由は地方局ほど単純じゃないかもしれないけど、経費節減ったってあの「まる見え」はビートたけしさんと所ジョージさんっつー超高額ギャラの2トップが残ってますんでねぇ。そんな中、降板の憂き目に遭った楠田さんが、ちょっと気の毒にも思えます(ワタクシ楠田さんと西尾アナの交代劇の真相は知りません、もしかしたら楠田さん自ら降板したいと申し出た、という経緯があるのかもしれませんが)。

まぁー楠田さんは他にいろんなオファーもありましょうから大丈夫でしょうけどね、ローカルのタレントさんにとっては本当にキビシイ時代だなーと思います。と、ヒトのこと心配してますが、フリーで仕事してる私などもまぁー似たようなもんか(苦笑)。
ただまぁー私は高額ギャラなんかもらってないっつの(-.-)y-~