のりしろと脚注のはざま

のりしろとのびしろは似てるけどだいぶ違う

作るものにはどうしたって「人」が出る

f:id:kankan1022:20170203002153j:image
今日はバレンタイン企画のオンエアでした。良いスイーツができました。ってね、「スイーツ」って言葉あんまり好きじゃないんだけど、「ケーキ」でも「クッキー」でもないのでスイーツってテロップ表記しとけば何となく収まりがいいという、それだけなんだがね。

同じ理由で「癒される」って言葉も嫌いだけど、最近は伝わりやすい記号としてあえて使いますよ、テロップ表記では。

日常会話では使いませんけどね。

それにしても、

端正で美味しい、それでいて少しも気取ってないスイーツを作るパティシエは、びっくりするくらいスタジオでもトークが上手で察しがいい。

やっぱどの業界でもそうだと思うけど、推し量る、慮る能力の高い人はいい仕事する。

そうじゃない人の仕事は言い訳が多くて、何とは無しに薄っぺらいと感じます。

やっぱ作るものはその人自身だと思います。

作品だけ大好きで人柄は大嫌いなやつ、とか、私の場合思い当たらない。

逆に作品は大嫌いだけど人柄は大好き、っていうのもないような気がする。

それは私の心が狭いから?

でもやっぱ、作品は、その人そのものでしょう。

隠せませんよ。ダダ漏れですよ。

「自分の中の良きところだけ出しとこう」

とか、

「あえて露悪的にいってみよう」

というスタイルはあるでしょう。

そういうのも含めて、その人自身。


あくまでも自分の物差しでしかないけど、面白いと思わない人との関わりはなるだけ少なくしていくよ、もっともっと。

そして面白いことしかしないよ。

面白くないことでもやる意味のあることなら、自分で面白くしていくよ。

f:id:kankan1022:20170203002207j:image

にゃんぼー!VFXがシンゴジラの白組だって。かわいい。